楽天銀行の住宅ローンの金利の種類は?

大手の有名なネットバンクの一つに楽天銀行があります。口座数も業界ナンバー1の実績があり、利用者も非常に多いです。楽天銀行には住宅ローンも展開しており、2種類の住宅ローンの取り扱いがあります。一つは、金利選択型の住宅ローン、もう一つはフラット35です。フラット35は、ネット銀行には珍しいサービスであり、業界最低水準の金利も評判となっています。フラット35と金利選択型を組み合わせて、固定と変動を選ぶことが可能です。

 

金利選択型の住宅ローンとは、楽天銀行独自の商品であり、変動金利と固定金利のどちらかを選ぶことができるというものです。金利については、変動金利を選択した場合では年0.717%となり、固定金利を選択した場合では2年で年1.056%、3年で年1.074%、5年で年1.179%となっていきます。楽天銀行を返済口座に指定すると、さらに0.3%も低い金利でローンを組むことができるということが特徴です。また、楽天スーパーポイントがもらえるというキャンペーンを行っていることが多いので、そのような特典を利用するとさらにお得に利用できます。

 

フラット35とは、住宅金融支援機構が展開している商品であり、最大35年、完全固定金利でローンが利用できるという住宅ローンです。楽天銀行の住宅ローンを利用している人の多くがフラット35を利用しています。

 

基準金利については、返済期間が15年以上20年以下の場合は年1.47%、21年以上35年以下の場合は年1.75%です。ただし、物件購入金額に対する借入額の割合が9割以上の場合、標準より利率が少し高くなります。省エネルギー性や耐震性に優れた物件を購入する場合には、フラット35をより低金利で利用することができます。楽天銀行の住宅ローンは、新規はもちろん、借り換えでも利用でき、金利が高い時に住宅ローンを組んだ人は、業界最低水準の低金利である楽天銀行のフラット35に借り換えると返済総額を減らすことができます。

 

フラット35で住宅ローンを組みたいと考えている人は、楽天銀行なら圧倒的な低金利で融資してもらえますのでおすすめです。