楽天銀行の住宅ローンを利用する時在籍確認がある?

住宅ローンの審査の中に、在籍確認というものがあります。在籍確認とは、住宅ローンを申し込んだ人が、申告した勤務先で本当に働いているかどうか確認するというものです。勤務先で働いた収入で住宅ローンを返済しますので、返済が可能であるかどうかを確認する意味でも、在籍確認が行われます。

 

楽天銀行の住宅ローンの注意事項の中にも、「勤務先の在籍確認を電話等で行う場合があります。」とありますので、在籍確認があります。ただし、健康保険証や源泉徴収票などの提出により、申し込んだ人が勤務先で働いていることが確認できれば、電話で在籍確認されない場合もあります。

 

電話で在籍確認をされる場合、自分の職場に電話がかかってきて、同僚や上司に住宅ローンを考えていることが分かってしまい、プライバシーに関わると懸念している人もいるのではないでしょうか。電話での在籍確認では、住宅ローンの会社名ではなく、個人名が告げられます。また、勤務態度や人柄などを根掘り葉掘り聞かれることはなく、申込人がいるかどうかだけが確認されますので、住宅ローンについて周りの人が分かってしまうということもありません。住宅ローンの会社が知りたいのは、申込人の人柄や勤務態度ではなく、会社に在籍しているかどうかということなので、確かに在籍しているということが分かればそれ以上聞かれることはありません。また、必ずしも本人が電話口に出られなくてもよく、外出中や手が離せなくて電話に出られないという返答をされても、勤務先に在籍していることが分かれば問題ありません。プライバシーの問題を心配されている方も安心して在籍確認を任せましょう。

 

在籍確認は、多くの場合審査の最後に行われます。プライバシーが守られると言っても、勤務先にまで電話をかけられるのは気分のいいものではありませんし、勤務先にまで電話がかかってきたにも関わらず審査に通らないという状況は作りたくないということから最後に行われます。他の審査項目が合格すればそろそろ在籍確認と思っておけば心の準備もできますね。