楽天銀行の住宅ローンフラット35の審査が甘い理由は?

楽天銀行の住宅ローンの一つである、フラット35を利用する時に関門となるのが、審査ですね。楽天銀行では、窓口で行うのではなく、ネットと郵送で書類を提出して審査が行われます。ネットを使って申し込みをして、書類を提出するという流れで行い、順調に行っても約6週間と時間がかかります。しかし、楽天銀行の住宅ローンの審査が甘いという情報もあります。これはなぜなのでしょうか?

 

楽天銀行の住宅ローンのフラット35という商品自体少し特殊なものであり、銀行とも審査方法が異なりますので、銀行では住宅ローンを断られた人が審査に通るという場合もあるということで、審査が甘いように感じると考えられます。

 

例えば、妻だけが返済をして、夫は債務に参加しないという場合、多くの銀行の審査は通らないと考えられます。しかし、楽天銀行のフラット35であれば、夫が債務に参加しなくても、申し込みへの夫の記入がなくても申し込みができます。

 

また、健康に不安があり、団体信用生命にひっかかったという経歴がある人は、銀行の住宅ローンは利用できません。銀行の住宅ローンには団体信用生命への加入が必須となっており、金利で保険料が成り立っているからです。しかし、楽天銀行の住宅ローンのフラット35では、団体信用生命への加入は原則となっており、健康に不安を抱えている人は団体信用生命に加入しないという選択肢もあるということなのです。万が一の場合が起こった時には、家族が代わりに支払いを続けていくか、自宅を処分するようになります。しかし、生命保険などで担保できたり、金銭相続で支払えたりする場合には、団体信用生命に加入しないで住宅ローンを利用するということも可能になります。
もし、銀行などの住宅ローンの審査に引っかかってしまった場合には、望みを捨てずに楽天銀行の住宅ローンのフラット35の審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査が通る可能性はありますので、検討の選択肢に入れておきましょう。