楽天銀行の住宅ローンのつなぎ融資とは?

楽天銀行の住宅ローンでつなぎ融資を利用できるという話がありますが、つなぎ融資とはどのようなシステムなのでしょうか。

 

住宅ローンは、ローンの申し込みや契約が終わったらすぐにお金が借りられるというものではありません。実際に手元に借りるお金が届くまで時間がかかります。しかし、住宅を購入資金はすぐに欲しいという場合、融資が実行されるまでの期間、一時的に資金を調達するために行われるのがつなぎ融資です。

 

家を建てるときには、手付金や建築開始のための着手金が必要になります。住宅ローンの融資が実行されるまで待っていると建築までに時間がかかってしまいますので、つなぎ融資を利用して充当し、住宅ローンの融資が実行されたらつなぎ融資の分を返済していきます。土地を登記する時にも手付金が必要なので、つなぎ融資が大切なのです。土地の登記を終えて、その土地を担保として提供することで、金融機関から住宅ローンを利用することができます。

 

つなぎ融資を受けるには、本体の住宅ローンの手続きとは別に契約をしたり、手続きを行ったり、金利を払ったりしなければなりません。もし新築で家を建てるという場合は、元々購入者が受け取るべき融資の資金を不動産会社が代わりに直接受け取ります。その代わりに代金を払う前に登記を認める代理受領ができる会社もあります。

 

楽天銀行の住宅ローンでは、つなぎ融資ができるということでよい評判があります。住宅ローンを利用する前でも、土地先行取得資金や着工金、中間金にかかる費用を賄うことができます。つなぎ融資は、最大3回まで分割で融資してもらえることになっています。楽天銀行のつなぎ融資は、楽天銀行の住宅ローンを利用する人だけのサービスとなっていますので、それだけ低金利で融資してもらうことができます。楽天銀行の住宅ローンを考えている人や利用している人は、別の金融機関から着工金などを融資してもらわず、楽天銀行のつなぎ融資を利用した方がお得と言えます。

 

自己資金で賄うか、つなぎ融資を利用するかを検討して、住宅ローンを利用するようにしましょう。