楽天銀行の住宅ローンフラット35への借り換え利用者の評判は?

住宅ローンの借り換えとは、借りる金融機関を換えるということです。借り換えの順序としては、まず新たに別の住宅ローンを借り入れます。新規に住宅ローンを利用するときと同様に行います。
次に、今借入れをしている住宅ローンを新たに借り入れた資金で一括返済します。その後、新たに借り入れた住宅ローンの返済を行います。住宅ローンの借り換えには手間と時間と費用がかかりますので、それなりのメリットがなければ行いません。
住宅ローンの借り換え

 

今借入を行っている住宅ローンから低金利の住宅ローンに借り換えを行うことで、総返済額や月々の返済額を減らすことができます。また、変動金利や短期固定金利の住宅ローンから長期固定金利に借り換えを行うことで、金利上昇のリスクを避けることができます。繰り上げ返済を重視したいという人は、繰り上げ返済の手数料や最低金額が安い住宅ローンに借り換えるとメリットがあります。明らかに今利用している住宅ローンよりも有利な住宅ローンがあれば、借り換えを行うことでその効果を得られます。ネット上でも借り換えのシミュレーションができたり、情報が簡単に手に入ったりするので、借り換えを利用する人は増えています。

 

楽天銀行の住宅ローンであるフラット35へ実際に借り換えをした人はどのように感じているのでしょうか。その評判について紹介します。

 

よい評判としては、他の金融機関のフラット35よりも金利が安く、借り換えにも対応しているのがよいという声がありました。また、戸建てかマンションか、新築か中古かなどの制限項目がなく、全国対応ということで便利であるという人もいました。フラット35の長期固定金利の場合、将来設計がしやすく安心であるということも魅力に挙げられています。

 

よくない評判としては、団体信用生命保険の利用料が利用者負担になり、高額な保険料が必要になるということが挙げられています。また、本審査に時間がかかると感じている人もいます。

 

今利用している住宅ローンと楽天銀行の住宅ローンをよく比較してから借り換えを検討しましょう。