楽天銀行の住宅ローンは外国人でも利用できる?

外国人の方が日本で住宅を購入するというときに、現金一括払いで購入できれば問題はありませんが、なかなか多額の住宅費用を用意するのは大変なことです。そのため、日本人と同様に住宅ローンを利用したいと考える人も多いのではないでしょうか。多くの人が借入れしやすいと評判の楽天銀行の住宅ローンは、外国人でも利用できるのでしょうか。

 

楽天銀行の住宅ローンでは、利用可能な人の条件として、日本国籍を持っている人または永住許可等を受けている外国人の方ということが明記されています。永住許可等を受けている外国籍の方に必要な提出書類があります。それは、特別永住者証明書のコピーまたは在留期限内の在留カードコピー、または外国人登録証明書のコピーのいずれか一つです。どれも両面のコピーが必要です。裏面に記載が何もない場合でも両面のコピーが必要になります。

 

楽天銀行の住宅ローンの審査基準は、対象を日本人に限定しておらず、永住権をもっているかどうかを基準にしています。永住権とは、永住者という在留資格のことです。在留資格は、外国人が日本に上陸する時に認められる活動の分類のことで、最初は留学や就労など特定の目的や活動の在留資格が与えられます。ある程度日本に長く住むうちに、一定の条件を満たせば、永住者という在留資格に変わることを法務大臣から許可されます。住宅ローンを外国人に貸し出すということは多額な住宅購入資金を貸し出すことになり、日本に住み続けることを前提にして月々の住宅ローンを返済してもらいたいという理由があります。この提出書類以外は日本国籍を持っている人と審査項目に変わりはありませんが、収入の継続性などについては日本国籍を有する人よりも審査が厳しくなる可能性もあります。

 

日本で住宅を購入したいと考えている外国人の方は、揃えるべき書類をきちんと取り寄せて審査に少しでも有利につながるようにしましょう。郵送でのやりとりになりますので、書類に不備があったり不足があったりすると、余計に時間がかかる可能性があります。