楽天銀行の住宅ローンは一括返済がお得にできる?

住宅ローンの一括返済とは、繰り上げ返済とも呼ばれており、月々決められた額を返済している住宅ローンの残高を一括で返済することです。金銭的に余裕ができれば今後のローンの心配をしなくて済むので行いたいものです。特に変動金利の場合は、金利が上がってしまうとそれだけ負担額が大きくなりますので、計画的に一括返済することで負担額が減る可能性があります。

 

しかし、一括返済をすればいいというわけでもありません。金融機関によっては一括返済を行うために手数料がかかる場合もあります。中には一括返済や繰り上げ返済の手数料が無料となっている金融機関があります。その一つが、楽天銀行の住宅ローンです。最低金額が100万円以上という条件付きですが、手数料が無料というのはうれしいです。手数料も数万円かかるところが多いので、楽天銀行の住宅ローンの繰り上げ返済の手数料が無料というのが評判となっています。

 

ただし、一括返済の時に気を付けたいのがローンの期間です。住宅ローンを10年以上で設定している場合、住宅ローン控除の対象となります。住宅ローンの残高が減った分だけ還付金も少なくなります。多くの場合、ローンの控除額よりも繰り上げ返済を行ったときに減った利息分の方が大きいと言われています。しかし、ローンの期間が10年未満になると住宅ローン控除の適用がなくなってしまいます。10年未満で一括返済をしようと考えている方は、住宅ローン控除の対象でなくなるということも頭に入れておきましょう。

 

住宅ローンを長期間抱えて過ごすのが嫌で、無理やり一括返済しようとする人もいますが、手元に残るお金も余裕があるかどうかも確認しておきましょう。生活の中でいつ何時お金が必要になるか分かりません。一括返済をしたことで自分の首を絞めるようなことになっては本末転倒です。一括返済のメリットとデメリットと合わせて、手数料についても考慮して計画的に一括返済をするようにしましょう。