楽天銀行の住宅ローンなら自営業でも審査に合格する?

住宅ローンを利用する場合、金融審査を受ける時に自営業か会社員かで審査の内容が異なります。自営業の人は収入が不安定であるということから、住宅ローンの審査が厳しくなる可能性が高いです。住宅ローンの審査では、収入はもちろんですが、その他に物件の担保価値と継続的な返済が可能かどうかが重要なポイントとなります。自営業者は給与所得者と比較すると収入の安定性に不安があり、変動しやすいと判断され、審査が厳しくなるのです。

 

住宅ローンの審査に合格するには、申告所得額の変動が過去3年間安定しているという実績を作るということが挙げられます。一番所得が低い年度で判断されるということも覚えておきましょう。また、借入額に対する返済率を満たす所得の公的証明を過去3年分用意できることも必要です。自営業の人は確定申告で節税のためにできるだけ所得を低く申告していることが多いと思われます。しかし、住宅ローンの審査の時にはその所得が収入ととらえられてしまいますので、収入が少ないということとなって住宅ローン審査では不利になります。住宅ローンの利用を考えている時期は、節税対策を控えて財務内容や所得をよくしておくことも大切です。

 

住宅ローンの審査のハードルが高い自営業の人が住宅ローンの融資を受けやすい銀行は、メインバンクが挙げられます。メインバンクであれば、経営状況やお金の流れを知っていますので、的確な判断ができるからです。しかし、メインバンクだけで住宅ローンを考えていると、もっといい条件で借入できる銀行があるかもしれませんし、メインバンクが利用できないとなると大変です。そこで、候補に入れるのにおすすめなのが、楽天銀行の住宅ローンです。中でもフラット35は勤続年数が問われませんので、自営業の人でも利用しやすくなっています。最近ではさまざまな種類の住宅ローンが発売されていますので、常に住宅ローンの情報をこまめにチェックしておきましょう。