楽天銀行の住宅ローンの仮審査で行われることは?

住宅ローンを利用する場合、必ず通らなければならない関門が審査です。その審査は多くの金融機関で2段階設定しています。まず初めに、申し込みを行うと仮審査があります。提示された情報を元に、ローンの貸出先として適している人物かということが審査されます。慎重に行われますので、仮審査だけでも約1週間かかります。

 

仮審査に合格すると、次に本審査が行われます。本審査では約3週間かかります。ここでは、本人の適格性だけでなく、不動産登記の状態などの不動産についての適格性も審査されます。

 

仮審査ではどのようなことが行われるのでしょうか。楽天銀行では仮申込書に入力したり、記入したりしますが、その中に「個人信用機関への登録及び照会に関する同意書」があります。個人信用情報とは、個人の借り入れ申し込み状況や借入残高、返却状況など、信用に関わる情報です。銀行やクレジット会社がローンの申し込みを受け付けると、その都度同意の上で個人信用情報を管理する専門の会社に登録を行っています。もし仮申込書にローンがないと記入しても、個人信用情報機関の審査の中で発覚し、住宅ローン会社側の心象が悪くなりますので、正しい情報を記入するようにしましょう。

 

ローン残高や履歴がある場合も個人信用情報機関にチェックされています。もし延滞があるとその情報や状況について、保障会社などが代返済したかどうかなども分かります。仮審査の時に、住宅ローン以外の債務についても細かく調べられますし、過去の情報も照会される可能性がありますので、他にローンがある場合はできるだけ返済を終えておきましょう。

 

順調に住宅ローンの仮審査に合格するのがいいのですが、否認されることもあります。否認の理由は教えてもらえません。減額することで応じてもらえる場合もありますが、完全に否認されてしまうと、他の金融機関への申し込みも難しくなります。もし、別の金融機関に初めての申し込みと言って仮審査をしてもらっても調査の中で初めてということが嘘と分かってしまい、悪い印象を与えてしまいますので、不利になります。

 

できるだけ仮審査に合格する確率を上げるために、いくつかの金融機関に仮申し込みをしておきましょう。