勤続年数の縛りがある?

住宅ローンを利用する時には、必ず審査があります。その審査項目には勤続年数があります。なぜなら、住宅ローンを確実に返済してもらうのに安定した収入があるということが条件になるからです。安定した収入の目安となるのが、同一企業での勤続年数ということなのです。長く勤めている人ほどきちんと返済してくれるということから、多くの金融機関が審査項目の中に勤続年数を挙げています。

 

前は勤続3年以上と定められている銀行が多かったのですが、最近では転職する人が多いため、住宅ローンの概要説明書などに具体的な年数を明記している金融機関は減ってきています。そのため、半年前に転職したという人でも、同一キャリア上での転職であり、年収アップしている場合は、審査に合格するということもあります。全体としては、求められる勤続年数は短くなっているという傾向があり、約半数の金融機関では勤続年数を1年以上と定めているという情報もあります。ただし、自営業に転職したり、起業したりした場合には、一般的に収入が安定していないと見なされますので、過去3年間の個人の収入だけでなく、会社の損益状況も調べられます。

 

楽天銀行の住宅ローンのフラット35を利用する場合、勤続年数の制限を設けていませんので、転職後勤続年数が浅い人におススメと言えます。転職後でもより確実に住宅ローンの審査を通過することを考えると、複数の銀行に申し込みをする中で楽天銀行の住宅ローンを選択肢に入れておくことは必須と考えられます。近年では住宅ローンの貸し出し競争が激化しているため、必要な勤続年数がどんどん短くなっていくことが予想されます。転職前に住宅ローンを組んだ方が勤続年数の条件で有利になると考える人もいると思いますが、転職前に焦って住宅ローンの利用先を決めるよりは、じっくり焦らず選んだ方がリスクは少なくなると言えます。

 

勤続年数が気になるようなら、楽天銀行の住宅ローンをおすすめします。