楽天銀行の住宅ローンを固定金利で利用した時のメリットとデメリットは?

住宅ローンを選ぶ際に重要な要素の一つに、金利があります。住宅ローンの金利の種類には、固定金利と変動金利があります。ネットバンク大手の楽天銀行が提供している住宅ローンにも固定金利のタイプと変動金利のタイプがあります。今回は、固定金利のタイプに絞って、そのメリットとデメリットを紹介します。

 

固定金利とは、借入の時に月々の返済額やその合計の上限が決まるというものです。住宅ローンでは高額な借入になりますから、金利が変わるとそれだけリスクがありますし、見通しをもって生活していくことが難しいです。固定金利のメリットは、将来設計や家計管理が行いやすいことが大きいです。金利の変化に左右されず、月々決まった金額を返済すればいいということがあらかじめ分かっているので、安心してお金の管理ができます。また、近年金利がかなり低いということがあり、これから金利が上昇してもその影響を受けずに低金利で返済していくことができます。

 

固定金利のデメリットには、固定金利で適用されている長期金利が、変動金利で用いられている短期金利より高く設定されていますので、月々の返済額が割高になるということが挙げられます。また、借り入れ後金利が下がっても得をしないということもあります。その時の金利に合わせて利息を軽くし、最終的な返済合計額を低く抑えられるという可能性はなくなります。

 

固定金利は、安定感を得る代わりに、返済額を安く抑える手段を諦めるということになります。住宅ローンで固定金利を利用した方がいい人とは、将来設計を安心して行いたい人や、急に住宅ローンの返済額が大きくなると家計を圧迫してしまう可能性がある人、資産形成や資産運用も行っていて住宅ローンの返済額は安定させておきたい人、金利の予測が苦手な人などが挙げられます。返済が長く続きますので、自分の収入やライフスタイル、将来設計などを考えて、金利のタイプを選ぶようにしましょう。