楽天銀行の住宅ローンでは残高証明書はいつ発行される?

住宅ローンを利用すると、ローン減税が適用されて、減税することができます。一定の基準を満たせば住宅ローンの減税を受けられますので、10年間ローン残高の一定比率を支払うべき所得税から控除してもらえます。課税所得からの控除ではなく、所得税から直接差し引いてもらえる税額控除ですから、節税されているという実感があります。例えば、昨年入居した場合、年末時点のローン残高の1%を控除してもらえて、最高20万円の控除が可能です。

 

そのため、減税額は10年間では最高200万円となりますので、大きいですね。少しでもローンの負担を減らすにはとてもうれしいシステムですので、ぜひ利用したいものです。そこで、必要になるのは残高証明書です。これは、減税の申請のためにローンがあることを証明するものです。年末調整の時に必要になりますので、楽天銀行の住宅ローンを利用している場合はローンを提供している楽天銀行から残高証明書が発行されます。この残高証明書はいつ発行されるのでしょうか。

 

楽天銀行の場合では、毎年10〜11月頃に住宅金融支援機構から残高証明書が送付されることになっています。ただし、10〜12月の間に借入をした場合は、翌年の1月下旬に送付されますので、注意が必要です。残高証明書がないと減税をしてもらえませんので、送付時期になっても残高証明書が届かないという場合には早めに楽天銀行に問い合わせましょう。楽天銀行のホームページで、住宅ローンのページに行き、問い合わせフォームで連絡すると当日に発送してもらえますし、手数料もかかりません。

 

楽天銀行の住宅ローンではさまざまなキャンペーンを行っていますので、それを利用するとお得に住宅ローンを利用できますが、最大限にお得感を得るなら、ローン減税は必須です。きちんと残高証明書を受け取って、ローン減税に生かしましょう。残高証明書が送られてきても、間違えて捨ててしまう人も多いので、確実に手元に残しておくようにしましょう。